糖尿病

【概要】

インスリン(血糖を低下させる膵臓のホルモン)の分泌低下により血糖値が上昇

長期間の高血糖状態は体の至る所の血管を損傷させて、失明、腎不全、足の切断、心筋梗塞などより重い病気を引き起こす

【原因と種類】
  • 1型:自己免疫性、特発性
  • 2型:肥満、食生活、加齢、慢性膵炎、膵癌、内分泌疾患、薬剤性、遺伝的な影響、妊娠など
【症状】

糖尿病の初期は無症状

高血糖が持続し悪化すると、喉の渇き、体重が減るなどの症状が出現

【診断】

血液検査

  1. 早朝空腹時の血糖値が126mg/dL以上
  2. 75グラム経口ブドウ糖負荷試験の2時間後の血糖値が200mg/dL以上
  3. 時間に関係なく測定した血糖値(随時血糖値)が200mg/dL以上
  4. HbA1cの値が6.5%以上
【合併】

細小血管障害(糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害)

大血管障害(心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症)

【治療】

食事療法・運動療法を基本とし、治療の目標値に到達出来ない場合に薬による治療を開始

経口血糖降下剤(DPP-4阻害薬、ビグアナイド、α-GI、グリニド、SU剤、チアゾリジン、SGL-2阻害薬)、注射剤(インスリン、GLP‐1受容体作動薬)など

【注意する事】

慢性膵炎・膵癌の出現に伴って悪化を生じている可能性あり

糖尿病の診断時や治療経過中のコントロール悪化時には腹部超音波検査やCT検査で膵疾患の併存の有無を調べる必要がある

【その他】

糖尿病は動脈硬化との関連あり

将来の血管疾患の発症の予防ため、経過観察中の頸動脈エコー、血圧脈波検査(ABI・CAVI)検査を行い血管の状態を評価する必要あり

インスリン注射治療を始める方へ ~自己血糖測定器の使い方~

関連動画のご紹介

企画・制作 公益社団法人日本糖尿病協会

糖尿病患者さんのための「食事を考える」 Vol.1
糖尿病患者さんのための「食事を考える」 Vol.2
糖尿病患者さんのための「食事を考える」 Vol.3
糖尿病患者さんのための「食事を考える」 Vol.4
糖尿病患者さんのための「食事を考える」 Vol.5
運動療法のすすめ Vol.1
運動療法のすすめ Vol.2
運動療法のすすめ Vol.3
運動療法のすすめ Vol.4

内科系疾患の一覧

PAGE TOP